計量器・液体充填機・カラートロニックならクボタ計装


液体充填機

クボタ計装HOME > 液体充填機 > 液体充填機の特色

液体充填機の特色

クボタ計装の液体充填機は様々な優れた特色を持っています。

下記について、一部の機種ではオプションになります。また、対応不可の機種があります。
詳しくは、お問い合わせ下さい。

充填ノズルはサニタリー性重視

スタンダードの充填ノズルは、食品工場や各分野での他品種少量生産に対応するため簡単に分解・組立が出来、洗浄しやすい構造になっています。材質はステンレス、内面はバフ仕上げです。

充填ノズル

液下追従、充填液を制御して泡立ちを防止(ロングノズル)

液中で充填をさせるため充填ノズルの先端を液下追従させたり、流量を制御して、発泡性のある充填液でも充填による泡立ちを防止します。

ロングノズル

移動させて目的場所での充填作業

液体充填機本体にキャスタを付ければ必要なときに液体充填機を運び出せるので、充填しない時は作業スペースを有効に活用できます。また、目的の充填液タンク下へ移動させられますので、少台数で効率よく充填作業が出来ます。

パソコンによる計量管理

指示計とパソコンを接続して、データ管理ソフトをインストールすれば充填履歴を管理出来ます。
また、FC-EX型またはK2-EP-E型指示計にデータキャリアを、FC-W型指示計にUSBメモリを付属すれば手軽に充填結果のデータを持ち出して、充填履歴を管理できます。

防爆エリアでもデータキャリアでデータの取り出し

FC-EX型またはK2-EP-E型指示計にデータキャリアを取り付けると防爆エリアでも充填結果のデータ取り出し、持ち運びが出来ます。

計量機器は次世代のデジタルロードセル

計量部のデジタルロードセルは、本体に増幅部・A/D変換部・演算部を組み込み、温度センサにより温度変化も自動演算補正した上で、質量値をデジタル信号で出力(RS-485)します。指示計、ケーブルの影響を受けずに高精度で安定した計量が行えます。

設計からメンテナンスまで自社製作

クボタ計装の液体充填機は自社製作のため、ハードからソフトまで行き届いた構造、システムになっています。これまで蓄積してきたノウハウをもとにお客様のニーズにあった最適な液体充填機をご提供します。
また、クボタ計装は計量機器の販売、メンテナンスを行っています。
万が一故障しても液体充填機本体はもちろん計量機器までトータルでメンテナンス対応します。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 液体充填機に関するお問い合わせ
  • 営業拠点

PAGETOP


クボタ計装は計量機器・システムの販売、設計・施工、メンテナンス等、最適なソリューションをご提案します。